予防接種|巣鴨のアイビー胃腸内視鏡内科クリニック|インフルエンザ

山手線・三田線「巣鴨駅」徒歩1分 03-5978-8300 03-5978-8300

Vaccination予防接種

当クリニックの予防接種

当クリニックの予防接種

当クリニックでは、主に大人向けにインフルエンザなどの各種予防接種を行っております。

※上記以外の予防接種をご希望の方は、ご相談ください。

予防接種とは

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチン(抗原物質)を接種することによって免疫をつけ、特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても軽く済むようにするための有効な手段です。
ワクチンは、感染症の原因となる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりしてつくられます。これを注入することによって、体内に抗体(病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子)をつくらせ、当該感染症にかかりにくくし、また重症化を防ぎます。ほかに、感染症の流行を防止する(集団免疫)という目的もあります。

インフルエンザワクチン

インフルエンザとは

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスへの感染による疾患で、発症すると38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて普通の風邪と同じように、喉の痛み、鼻水、せきなどの症状も見られます。お子様では痙攣や中耳炎、稀には急性脳症を、高齢者や免疫力の低下している方では肺炎を併発するなど、重症化するケースがあります。

インフルエンザワクチンの接種で予防

インフルエンザを予防する有効な手段の一つに、流行前のワクチン接種があります。
インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するので、それに対抗するために、予防接種も毎年行う必要があります。

インフルエンザワクチンの接種時期

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~翌3月頃に流行することを考えると、毎年10月下旬~12月頃に接種するのが適切でしょう。

予防接種後の注意点

  
予防接種後の注意点

予防接種後の30分程度は、接種を受けた医療機関にそのまま留まるか、医師とすぐに連絡が取れるようにしておきます。接種部位に異常な反応が現れたり、体調に変化が生じたりしたような際は、速やかに医師の診察を受けましょう。
また、接種部位は清潔を保ち、接種後24時間以内は体調が変化する怖れがありますので、過激な運動や過ぎた飲酒は控えるようにしてください。

Characteristic医院概要

医院名
アイビー胃腸内視鏡内科クリニック
院長名
中村 浩
所在地
〒170-0002豊島区巣鴨1-18-10 三喜ビル8F
TEL
03-5978-830003-5978-8300(タップで電話)
アクセス
JR山手線 巣鴨駅南口 徒歩1分
都営三田線 巣鴨駅A2出口 徒歩1分
診療科目
胃腸内科、消化器内科(内視鏡)、内科
休診日
火曜・土曜午後・祝日
受付時間 日・祝
09:30-12:00
16:00-17:30

※木曜日の担当医師は島田医師となります。

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。